「私の家族」観劇サポート

協力:シアターアクセシビリティネットワーク

「私の家族」では、以下の観劇サポートを行っております。すべて無料ですが、なるべく事前のご予約をお願いします。ご予約の際、備考欄に希望するサービスを明記してください。より良い環境でご覧いただくため、事前にこちらからご相談のご連絡をさせていただきます。なお保育士依頼の都合上、託児サービスについては事前予約必須となりますのでご了承ください。

*受付での筆談対応
*車椅子での入場可
*聴覚障害の方のための再構成台本貸出
*ポータブル字幕
*託児サービス
*メール対応可
*座席の事前確保

廣川麻子さんにお話を伺いました!

インタビュー記事はこちらから

廣川麻子氏プロフィール

特定非営利活動法人 シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)理事長。

1994年、日本ろう者劇団入団。

2009年9月~2010年9月、ダスキン障害者リーダー育成海外派遣事業第29期生として英国の劇団Graeae Theatre Companyを拠点に障害者の演劇活動をテーマに研修。

この時に観劇における支援制度に衝撃を受け、日本でもこのような仕組みを創りたいと仲間たちとともに2012年12月に観劇支援団体「シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」を立ち上げる。

平成27年度(第66回)芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞(シンポジウム「より良い観劇システムの構築に向けて、今できること」ほかの活動)。

2016年12月、第14回読売福祉文化賞(一般部門)をTA-netとして受賞。

「NHKこども手話ウィークリー」(2017年1月8日付放送)、「NHKろうを生きる難聴を生きる」(2017年4月8日付放送)をはじめ、朝日新聞「ひと」(2016年6月8日付朝刊)、産経新聞、東京新聞など多数。

芸団協「アーツマネジメント講座2017沖縄」など講演活動を全国で展開中。

文化庁文化審議会第15期文化政策部会舞台芸術ワーキンググループ専門委員(平成29年度)。